申し込みブラックリストの人はローンの審査が不利・・でも中堅・中小の不動産担保ローンなら大丈夫?!

不動産担保ローン 申し込みブラックリスト

果たして申し込みブラックリストでも不動産担保ローンで審査が通るのか?

そして、申し込みブラックリストでもお金が借りれるのか??

結論から言いますと・・・・申し込みブラックリストでも十分にお金を借りることが出来ます。

つまり、申し込みブラックリストでも不動産担保ローンの審査は通ります。

不動産担保ローンは数あるローンや金融商品の中では最も審査が甘く、審査ハードルが低い金融商品です。

だからブラックリストだろうが申し込みブラックリストだろうが、全くお金が借りれないという訳ではありません。

参考記事⇒ブラックリストでも不動産担保ローンは審査が通る?お金が借りれるか?

参考記事⇒ブラックな私が借りて見て納得!不動産担保ローンの5つのありがたさ

しかし、全ての不動産担保ローン会社が申し込みブラックリストでも借りれるとは限りません。

やはり不動産担保ローン会社も審査が甘い所もあれば、審査が厳しい所もあります。

審査の厳しい不動産担保ローン会社に申込をすると、申し込みブラックリストを理由にお金を貸してくれない所もあります。

では審査が厳しい所はどんな所か?

それは大手や銀行系の不動産担保ローン会社です。

逆に中堅や中小のマイナーな不動産担保ローン会社ですと申し込み部落リストでも審査が比較的通りやすいといえます。

消費者金融でも信販会社でも同じことがいえますが、大手資本の会社よりも街金系の中堅、中小の方が借りやすいからです。

申し込みブラックリストとは?~ローンの審査が不利な理由

ところで「申し込みブラックリスト」とは一体なんなのか?

ここで一度おさらいをしてみましょう。

申し込みブラックリストは、短期間に信用情報機関の履歴にローンやクレジットの申し込み履歴が沢山ついている事をいいます。

その申込履歴が信用情報機関に沢山付いてしまうと「申し込みブラックリスト」となり、新規のローンやクレジットの審査が不利になるということです。

ご存知の方も多いかと思いますが、ローンやクレジットカードの申し込み履歴や利用履歴、返済履歴、延滞履歴、事故歴などは信用情報機関に情報が登録されて共有されます。

日本国内では信用情報機関といえばJICCとかCICとか全国銀行協会などの組織があります。

貴方がローンやクレジットカードの申し込みをすると上記の信用情報機関に申し込み履歴が残ります。

申し込み履歴が沢山付くとどうして申し込みブラックリストとなり新規の審査が不利になるのか??

それは、お金を借りる人やクレジットカードを利用する人の側を見れば分かります。

短期間で多くのローンやクレジットカードに申し込みしまくる行為は常識的に考えて明らかに変ですし異常ですよね??

ローン会社やクレジットカード会社からすると、「こいつはよほどお金に切羽詰まっていてヤバイ状態なのか??」と推測されてしまいます。

また一方では「こいつは短期間で多くのローンやクレジットカードから借りまくって夜逃げするつもりでは?若しくは借りるだけ借りまくって使い込んで自己破産をするつもりでは?」

・・・・そう推測されてもおかしくありません。

従って短期間に多くのローンやクレジットに申込むことはやっていはいけません。

それをやると確実に信用情報機関に履歴が残りますし、申し込みブラックリストとしてローン会社に警戒されてしまうからです。

通常はローンやクレジットに申し込む場合は3カ月~6カ月に3~4社まで留めておくべきです。

それ以上の申し込みをしまくると申し込みブラックリストになってしまうでしょう。

しかし、そうはいっても・・・・既に申し込みブラックリストになってしまっている人もいるでしょう。

そんな方は3カ月~6カ月は何もせずにじっと待っていれば良いです。

そうすれば信用情報機関の申し込み履歴は自然に消えます。

その後にローンやクレジットカードの申し込みを改めてすると良いです。

不動産担保ローンが申し込みブラックリストでも借りれる理由

不動産担保ローンは申し込みブラックリストでも問題なくお金が借りれます。

なぜ借りれるのかと言いますと、不動産担保ローンは他のローン(主に無担保ローン)などに比べると独自性の審査であり、審査基準そのものが違うからです。

通常の消費者金融やカードローン、キャッシングなどの無担保フリーローンは審査基準が本人の返済能力と過去の信用情報がベースとなります。

一方で、不動産担保ローンは、本人の信用情報や返済能力等を加味しつつ担保不動産の価値を審査基準で一番重視します。

従って、審査が甘い不動産担保ローンにおきましては、過去の信用情報が多少悪かろうが、現在の返済能力が多少悪かろうが、担保不動産さえ良ければ審査に通ることが多いのです。

これがたとえ申し込みブラックリストなどに当てはまる人でも、手持ちの担保不動産が価値が高くて換金に優れていれば審査が通りやすいのです。

申し込みブラックリストでも審査が通る、融資が受けられる不動産担保ローンの一覧

以下の不動産担保ローンは中堅・中小ですが安心して利用できる優良な不動産担保ローン会社です。

中には運営歴が20年~30年と長くやっていて老舗会社もあります。

貸付条件もなかなか良いです。

申し込みブラックリストで無担保ローンの審査がどうしても通らない人は不動産担保ローンに目を向けてみてはいかがですか?

きっと期待に応えられるかと思います。

日宝~申し込みブラックリストでもOK

審査の甘い老舗の不動産担保ローン会社です。

運営歴30年以上!

ローン会社としての媒体も信頼できて安心して使えます。

日宝の詳細・口コミはこちらです☆

JFC(ジェイエフシー)~申し込みブラックでも借りれる

運営歴20年の老舗の不動産担保ローン会社。

ブラックリスト、申し込みブラックリスト、多重債務、フリーターでも借りれる

独自審査の中小の会社です。

JFC(ジェイエフシー)の詳細・口コミはこちらです☆

ユニーファイナンス~申し込みブラックリストでも断らない

愛知県のローン会社です。

不動産担保ローンは審査が甘いことで定評あります。

最大3000万円まで迅速かつ柔軟な融資が期待できます。

ユニーファイナンスの詳細・口コミはこちらです☆