不動産担保ローンは総量規制の例外ローン(対象外)で原則、限度額は年収に関係なく借りれる

不動産担保ローン 総量規制対象外ローン

最近よく耳にする「総量規制対象外ローン」とか「総量規制例外ローン」

簡単に分かりやすくザックリ説明すると、「年収の3分の1を超える融資が可能なローン」を総量規制対象外ローンとか総量規制例外ローンといいます。

どうせお金を借りるならばやっぱり沢山余裕を持って借りれる方が良いですよね??

しかし最近では総量規制に該当するローン(年収の3分の1以内しか借りれないローン)がハバを聞かせてきました。

総量規制に該当するローンの代表格といえば・・・消費者金融、キャッシング(クレジットカードのキャッシング枠)、カードローン(銀行カードローンは除く)などです。

つまり無担保で借りれるパーソナルローンのほとんどが総量規制に該当するローンということになります。

本当に借りツラい世の中になりましたね(シュン・・・泣)

では、有担保ローンである不動産担保ローンは総量規制に該当するローンでしょうか?

それとも総量規制の例外ローン(対象外ローン)でしょうか?

結論から言いますと、不動産担保ローンは総量規制の例外ローンであり年収の3分の1を超える融資は原則可能なのです!

スポンサードリンク



だからこれから不動産担保ローンでお金を借りる場合は総量規制の心配をする必要はあまりないでしょう。

ただ、万能で借りやすく審査が柔軟である不動産担保ローンとて一部例外があり、総量規制に該当するケースが一つあります。

それは自宅を担保にした不動産担保ローンの場合です(これは後で後述します)

しかし不動産担保ローンは原則的に総量規制の例外ローン(対象外ローン)と思って貰って良いでしょう。

総量規制とは?何だ?~分かりやすく解説

そもそも総量規制って何??

ここでは誰でも分かるように簡単かつ分かりやすく説明しましょう。

ローンでいう総量規制とは借り手を守る為の法律です。

つまり借金をする借り手が借り過ぎをしないように防止する法律といえます。

総量規制が制定された原因は、消費者金融やカードローンで借り過ぎて自己破産や任意整理などをした人が激増した背景があります。

その総量規制の法律では「年収の3分の1を超える借金をしてはイカン」という決まりになっております。

正確には・・・ローン会社などの貸金業者が「年収の3分の1を超える融資を借り手にしてはイカン」という法律です。

ちなみに貸金法という法律です。

だから総量規制に当てはまるローンは年収の3分の1を超える融資が受けられないのです。

先ほど書きました、消費者金融やクレジットカードのキャッシング、銀行以外のカードローンがそれに当てはまります。

ちなみに銀行カードローンは銀行法の法律の管轄なので総量規制対象外ローンです(年収の3分の1以上借りれる場合もある)

ちなみに総量規制は年収の3分の1を超える融資が出来ないのですから、当然収入が無い無職の人や専業主婦の方は借入が出来ません(例外はありますが)

そんな訳で、通常の無担保ローンの多くは総量規制に該当するローンと思って貰って良いでしょう。

ちなみに不動産担保ローンは総量規制の例外ローンの一つです。

ちなみに不動産担保ローン以外に総量規制の例外となるケース(年収の3分の1以上借りれる場合)は以下の場合です

・借り手にとって一方的に有利となる借り換え(借金を一本化する目的のおまとめローンなど)

・緊急医療費の貸付(生命に関わるから)

・社会通念上、緊急と認められる支払い資金の貸付(どうしてもやむを得ない事情の場合

・配偶者の年収合算の3分の1以下の貸付(専業主婦が借りる場合、旦那さんの年収の3分の1以内まで融資可 ※旦那さんの同意書が必要)

・事業性資金の貸付(いわゆるビジネスローンや商工ローンなどです

・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでのつなぎ資金としての貸付(近い将来貸付金が入金されることが確実なケースの一時的なつなぎ資金の融資)

・・・以上のケースも総量規制の例外ローンとなりえます。

<

どうして自宅を担保にした不動産担保ローンは総量規制に該当してしまうのか?

不動産担保ローンは基本的に総量規制対象外ローンです。

従って年収の3分の1以上の融資は可能です。

しかし一つだけ例外があるのです。、

それは自宅担保にした不動産担保ローンの場合です。

この場合は残念ながら年収の3分の1以内しか借りれません。

なぜ自宅担保の場合は総量規制に該当してしまうのか??

それも借り手保護の為にです。

つまり万が一、借り手が不動産担保ロ-ンの返済が出来ない場合、自宅が売却されてしまうからです。

そうなると、借り手はたちまちホームレスの宿無しになってしまいますよね??

借り手の保護を推進するのが総量規制の法律ですから自宅担保の不動産担保ローンの場合は総量規制に当てはまってしまうのは仕方無いといえます。

ただ以下のケースの場合は、自宅担保でも総量規制対象外で不動産担保ローンで借りれます(年収の3分の1を超える融資が可能)

先ほども書きましたが・・・

・借り手にとって一方的に有利となる借り換え(借金を一本化する目的のおまとめローンなど)

・緊急医療費の貸付(生命に関わるから)

・社会通念上、緊急と認められる支払い資金の貸付(どうしてもやむを得ない事情の場合

・配偶者の年収合算の3分の1以下の貸付(専業主婦が借りる場合、旦那さんの年収の3分の1以内まで融資可 ※旦那さんの同意書が必要)

・事業性資金の貸付(いわゆるビジネスローンや商工ローンなどです

・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでのつなぎ資金としての貸付(近い将来貸付金が入金されることが確実なケースの一時的なつなぎ資金の融資)

総量規制の例外(対象外)の審査が甘い不動産担保ローンの一覧

以下の不動産担保ローン会社は安心安全で使える、借りれる審査が通りやすく融資を受けやすい会社です。

いずれも融資実績が多く、長く運営されている安心会社なので是非活用下さい。

困った時は一番確実で頼れるのが不動産担保ローンです。

日宝の不動産担保ローン~総量規制例外の審査が甘いローン

日宝の不動産担保ローンの詳細はこちらです☆

・創業30年の安心の老舗

・総量規制対象外の不動産担保ローンです。

・ブラックOK

つばさコーポレーションの不動産担保ローン~総量規制は関係なしの審査が甘いローン

つばさコーポレーションの不動産担保ローの詳細はこちらです☆

・審査の甘い優良不動産担保ローン、貸付条件が良いです

・他社の借金借入あってもOK,おまとめ、借り換え目的もOK

・総量規制対象外ローンです。

三鷹産業の不動産担保ローン~総量規制対象外で年収3分の1以上可能の審査が甘いローン

三鷹産業の不動産担保ローンの詳細はこちらです☆

・事業者向けにも強い審査の甘い不動産担保ローン

・総量規制の例外ローン

・大阪にお住まいの人に柔軟融資