不動産担保ローンは事業性資金の目的として融資が可能です~会社設立・開業資金、運転資金、つなぎ資金として

事業性資金目的 不動産担保ローン

1)事業性資金目的として借りれる

不動産担保ローンは色々な用途、目的でお金を借りることが出来ます。

また色々な職業、属性の方がお金を借りることが可能です。

例をあげると・・・・事業性資金の目的でお金を借りれます。

一般的に消費者金融、カードローン、キャッシングなどの無担保のフリーローンは利用目的は自由ですが、唯一「事業性資金の借り入れ目的には対応しておりません。

しかし不動産担保ローンは事業性資金目的の利用もOKです。

この点が無担保のフリーローンと違い柔軟性があるといえます。

2)会社設立・開業資金の利用目的

通常ですと、会社設立資金や開業資金の調達は銀行や国が融資サービスを行っております。

例をあげると・・・銀行のビジネスローン

しかし銀行のビジネスローンは一般的に会社の業績や財務内容が審査基準のメインとなります。

従ってこれから設立をしようとする会社は実績が全くありません。

だから設立資金、開業資金の融資を受けることは現実的では無く不可能に近いでしょう。

余程の担保や連帯保証人でもいない限り。

そこで、有効なのが国の融資期間です。

「日本政策金融公庫」という融資サービスを利用することで会社設立資金や開業資金の調達をすることが出来ます。

日本政策金融公庫は、株式会社のみならず個人事業主や、農林水産業に属する人達に資金調達のサービスを行っています。

それだけでなく大規模災害等の危機発生時に指定金融機関に対して一定の信用供与を行っております。

つまり国民生活の向上を目的とした組織なのです、

金利も2%台と低金利でお得でオススメです。

しかし、日本政策金融公庫も当然ですが審査があります。

審査に通る人、落ちる人がいるでしょう。

だからこれから会社設立資金や開業資金が欲しい人の全てが確実にお金を借りれるとは限りません。

では、審査に落ちた人は一体どこで借りたら良いのでしょうか??

そこで不動産担保ローンです!

不動産担保ローンは開業資金や会社設立資金の調達目的も可能です。

しかも銀行のビジネスローンや日本政策金融公庫よりも審査が甘いです。

担保不動産さえ持っていればほぼ確実にお金を借りれるのではないでしょうか?

これから会社設立、開業を考えている人でどうしても資金調達を確実なものとしたい人は不動産担保ローンを活用すると良いでしょう。

3)会社の運転資金目的

会社の運転資金は会社を運営していくにあたり非常に重要なウエイトを占めます。

世の中の中小企業の社長さんや個人事業主さんの悩みの為も運転資金といえます。

つまり資金繰りの対策は会社経営で常につきまといます。

会社の運転資金は会社の血液のようなものですからね。

その血液の循環が滞ってしまうと会社は死んでしまします(倒産する)

運転資金の例をあげると、、、「仕入れ」、「宣伝費(広告費など)」、「販促費(販売に伴う資金)」などです。

これらの資金が無いと会社の運営が出来ません。

だから運転資金は大事。

世の中の中小企業の社長さんは勿論、個人事業主、そして大手企業も運転資金の確保を重視します。

貴方の会社や事業で十分な運転資金をストックしていれば問題は無いでしょう。

しかし、会社の運転資金が足りない場合はどこかから運転資金の調達をする必要があります。

主に銀行のビジネスローンやノンバンクのビジネスローン(商工ローン)、日本政策金融公庫などが事業の資金の調達先として使われます。

しかし銀行のビジネスローンもノンバンクのビジネスローン、日本政策金融公庫のローンも必ず借りれるとは限りません。

中には審査が落ちてお金が借りれないケースもあります。

そんな時どうしたらいいのか??

そこでお勧めなのが不動産担保ローンです。

不動産担保ローンは事業性資金の調達目的の融資も可能です。

担保不動産さえあれば審査も非常に甘く借りれる確率が高いです。

銀行ビジネスローンやノンバンクのビジネスローン、国の公庫で借りれなかった人は、運転資金の調達として有効に活用する事をお勧めします。

4)会社のつなぎ資金目的

会社経営や事業経営では「つなぎ資金」が常に付きまといます。

つなぎ資金とは、会社に売り上げ金が入金されるまでの間に用意しておくべき資金です。

分かりやすく説明しますと・・・会社は売上の入金(売掛金)と会社の出金(費用の支払い)があります。

会社の商品やサービスが売れたとしても、その売り上げ金が入金されるまでタイムラグが発生するのが普通です。

通常ですと売掛金が入金されるまで2カ月~半年後というケースも多いです。

しかし会社の費用の支払い(人件費や家賃、仕入れ費、広告費、販促費、雑費など)は毎月容赦なくやってきます。

売掛金の入金までに色々な支払いが発生して、支払いが滞ってしまったりすると会社は資金繰りが悪化して倒産してしまいます。

それを防ぐのが「つなぎ資金」です。

会社の売掛金が入金される数カ月後までの間に、つなぎ資金として調達出来れば心強いですよね!

つなぎ資金は通常ですと銀行のビジネスローン、ノンバンクのビジネスローンなどがあります。

しかし先ほども書いた通り銀行のビジネスローンやノンバンクのビジネスローンは確実に審査が通るとは限りません。

ビジネスローンの融資で連帯保証人を求められる場合だってあります。

だから融資はなかなか大変です。

そこで役に立つのが不動産担保ローンです。

不動産担保ローンは事業の「つなぎ資金」の目的としても使えます。

担保不動産さえあれば融資は簡単です。

銀行ローンや商工ローンよりもずっと手堅い融資手段といえます。

法人・個人事業主でも借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンほど色々な属性や職業の人が借りれるローンは他にありません。

例をあげると、会社員、年金受給者、アルバイト、主婦、法人、個人事業主などなど。

また審査の甘い不動産担保ローンだと無職の人でも借りれることがあります。

会社の事業性資金目的として不動産担保ローンは法人、個人事業主、フリーランス、自由業など誰でも借りることが可能です!

担保不動産さえあれば大丈夫です!

事業性資金向けの不動産担保ローンの借り入れ条件は簡単?難しい?事業計画など必要か?

不動産担保ローンの借り入れ条件はそれほど難しくありません。

融資を受ける際に揃える書類(登記簿謄本や不動産の公図、決算書、納税証明証など)の用意が多少面倒ではありますが、手続き面は不動産担保ローン会社が大抵はやってくれます。

不動産の査定鑑定や評価額の設定なども心配ありません。

借入条件は、事業者の場合は法人であること、個人事業主であることが大前提ですがそれほど厳しくありません。

また事業性資金の融資目的で不動さん担保ローンを利用する場合は「借入計画書」や「事業計画書」の提出が必要なのか?

これに関しては確かに必要ではありますが、審査ではそれほど重要視されません。

一般の銀行ビジネスローンやノンバンクのビジネスローン、日本政策金融公庫のローンを利用する場合は「借入計画書」や「事業計画書」は審査に重要視されます。

しかし、審査の甘い不動産担保ローン会社の場合は基本的に担保不動産の余力が重視されるので「借入計画書」や「事業計画書」はそれほど審査に影響を及ぼしません。

だから安心です☆

不動産担保ローンは事業性資金でおまとめローン目的は可能か?

事業者の方が不動産担保ローンを使っておまとめローンを利用することができるのか??

その点、気になる法人様や個人事業主様も多いようです。

法人、個人事業主の方で既に銀行やノンバンクで何件かビジネスローンを借りている方も多いでしょう。

中には借入件数が増えて多重債務に悩んでおられる社長様もおられます。

そんな方が助かるのがおまとめローンです!

おまとめローンは複数の借金を一本化して借り換えるローンなので、「一本かローン」「借り換えローン」ともいえます。

おまとめローンを利用する事で借金が1件に一本化できるので返済は非常に楽になります。

しかし、おまとめローンの全てが審査が甘いとは限りません。

意外に審査のハードルが高くて借りれない人も多いです。

法人や個人事業主の方はサラリーマンと違い収入も不安定でおまとめローンの審査は不利とされております。

しかし、不動産担保ローンをおまとめローンとして利用すれば話は別です!

不動産担保ローンをおまとめローン代わりにする利用目的は可能です。

実際に不動産担保ローン会社もおまとめローンを推奨している所が多いです。

また通常の無担保おまとめローンに比べて不動産担保ローンのおまとめローンは審査が甘いです。

担保不動産さえあれば十分におまとめローンの審査が通ります。

不動産をお持ちの事業者さんは是非活用してみましょう。

事業性資金の不動産担保ローンのメリットとデメリット

事業性資金目的の不動産担保ローンにもメリットとデメリットがあります。

その長所と短所を十分に把握した上で利用しましょう。

(メリット)

☆担保不動産さえあればほぼ確実に融資を受けられる

☆ビジネスローンや商工ローン、銀行ローンよりも審査が甘いのでいざという時に頼りになる

☆金利が安い(有担保不動産は全般的に金利が安いです)

☆大口融資がしやすい(不動産担保という性質上沢山借りれる)

☆審査が甘い

(デメリット)

★そもそも担保不動産を持っていないと利用できない

★返済ができないと不動産を失う(没収される)

★申し込みから融資まで多少の日数がかかる(数日~1週間くらい)

事業性資金目的でもOKの審査の甘い不動産担保ローン

以下の不動産担保ローン会社は事業性資金の目的としても利用が可能です。

審査も非常に甘く大抵の事業者さんは借りれます。

勿論、法人だけでなく個人事業主の方もOKです

JFCの不動産担保ローン~事業性資金の融資もOK

JFCの不動産担保ローンは24時間いつでも申込が可能です

・審査が甘い中小の不動産担保ローン

・他社借入が多くてもOK

・20年の運営歴で安心

・全国どこにいても融資可能です

・ブラックでもOK

日宝~法人、個人事業主にも審査が甘い不動産担保ローン

日宝は24時間いつでも申込が可能です☆

・審査の甘い老舗の安心不動産担保ローン

・他社のローン借入が4件~8件あってもOK

・赤字決算でもOK,債務超過でも借りれる

・第二抵当権でも借りれる

・会社設立1年目でも借りれる

三鷹産業の不動産担保ローン~審査の甘い事業者向け

必ず借りれる三鷹産業の不動産担保ローン☆

・関西で事業をされている方に

・激甘審査です

・大手のローンや銀行ローンの審査が通らない人もここなら借りれる

・つなぎ資金に、資金繰りの解決に

・多重債務、ブラックリスト、税金延滞中でもOK